札幌弁護士会所属 弁護士 郷路征記

青春を返せ訴訟第2陣2次訴訟
2次訴訟で提出した準備書面


 準備書面(3) ゲストへの違法性 平成17年7月14日提出
 〜解説〜  
 ゲストとは統一協会員の親や友達で、統一協会員の子どもや友人に誘われて、表面的には親子の情や友達の関係を利用されて高額な着物や宝石などを買わされた人達のことです。 その人達に対する商品の売買は、因縁や地獄の恐怖等の手段は一切用いられていません。従ってこの商法については、裁判所で違法ではないとされています。その問題について切り込んだ準備書面です。違法であると私が考えた理由が、目的の不当性、社会心理学的手段を使った手段の不当性、結果の不当性にわたって詳細に記載されています。A4で33頁あります。

● 準備書面(4) 組織論  平成17年12月15日提出
 〜解説〜
 
第1陣訴訟の最終準備書面を第2陣訴訟用に書き直したものです。正体を隠した勧誘や経済活動を行っているのは、信者の任意団体である全国しあわせサークル連絡協議会であるという統一協会の嘘の主張を徹底的に暴いたものです。
 判決は、「独立した団体としての連絡協議会の存在自体、極めて疑わしい」と、ほぼ原告らの主張を認めました。A4で164頁あります。

● 準備書面(5) 経済活動  平成18年4月11日提出
 〜解説〜
 第一陣訴訟最終準備書面を第2陣訴訟用に書き直したものです。統一協会の経済活動が、売ってから組織に取り込む霊感商法から、組織に取り込んでから物を売る定着経済、地区経済に変わっていることを先駆的に明らかにしています。
 統一協会の経済活動が宗教法人法違反であるという主張もしています。A4で126頁あります。

● 準備書面(6) 勧誘活動の違法性  平成18年4月11日提出
 〜解説〜
 第2陣訴訟の訴状では、統一協会の勧誘活動の経過、教化活動とその結果を詳細に主張しています。その主張を、第1陣訴訟で提出された書証と第1陣訴訟における証人、本人尋問の結果によって、証明することを意図した準備書面です。
 理論的な基礎となっているのは、『影響力の武器』等で解明された好意・権威等に関する社会心理学的知見です。A4で348頁あります。

● 準備書面(7) 定着経済の違法性 平成18年6月21日提出 
 〜解説〜
 準備書面(3)に続くものである。手段の違法性のところで、売主が統一協会であることが隠されていることと、実の子供(あるいは友人)にヨハネ役を務めさせることの重要性を強調している。人参の販売方法をマニュアルの分析を通じて、不安を喚起させて、売りつけるものであることを明らかにしている。

● 準備書面(9) マインド・コントロール 平成18年9月4日提出 
 〜解説〜
 統一協会の布教課程に埋め込まれている@ビデオセンターとツーデイズの受講決定Aライフトレーニングとフォーデイズの受講決定B文鮮明をメシアと受け入れる決定に注目し、その課程を船を山に登らせるような操作と初めて明らかにした。
 @とAによって恐怖が意識下に埋め込まれていくこと、従って離脱できなくなることと、Bは感情を揺さぶって決定させることを明らかにした。受け入れられた文鮮明は宗教的権威となること、だから物売りも正しいことと信じて行う人間となることを解明した。5%の献身率は信じられない高率であることも明らかにした。

● 準備書面(13) 判例・壮婦  平成19年6月5日提出 
 〜解説〜
 青春を返せ訴訟札幌の第1陣訴訟判決(平成13年6月29日)以来6年間に言い渡された6つの判決について分析し、統一協会の勧誘目的についての認定が定着していること、その勧誘手段について、統一協会であること、不当な目的を隠すこと、偽りの希望を与えること、社会心理学の知識を濫用していることを指摘している。
 壮婦に対する伝道・教化課程を分析し、その課程が、4つの決定を受講生にさせるよう作り上げられていることを明らかにした。その課程の進行と人格が変容させられる過程を視覚的にわかりやすい表としてまとめ、「船を山に登らせるような操作」と特徴づけた。A4で26頁の準備書面にA3で7枚の詳細な表がついている。

● 準備書面(15) ゲスト立証到達点・総論  平成19年12月4日提出 
 〜解説〜
 ゲストに対する物品の販売について、この時点までの証明の到達点を明らかにしようと意図したものである。原告等の講義ノートから、青年・壮婦に分けて物品の販売を行うことに関わる部分(教理的なものも含む)を全て抽出し、統一協会員が親族等に対して物品販売を行うようになる心理を解明し、その手段についてもマニュアルに基づいて解明したもの。A4で25頁ある。

● 準備書面(16) 神奈川運動史分析  平成20年6月18日提出 
 〜解説〜
 統一協会中央神奈川教区が作成したものと推認される神奈川統一運動史を詳細に分析して、統一協会の非公然組織が、中央本部−リージョン(地区)−教区−教域−区域であることを解明し、その組織の行っていることが、統一協会員等に対する経済的収奪活動であること(1996年当時、中央神奈川教区は200億円の借金を抱えていたが、それを2007年までに解決しながら、1997年から2000年までの3年間で100億円の献金をするほどに、その収奪活動は激しいものであること)。そのために伝道課程で植え付けた「信念」を維持・教化するための教育等が日常的に行われていることを解明している。A4で29頁ある。

● 準備書面(17) 清平修練会・変性意識  平成20年9月24日提出 
 〜解説〜
 統一協会員にしてからの人格操作のやり方を明らかにした。その中で清平修練会における霊体験の重視、罪意識の増幅、不安や恐怖の維持・強化が図られていること、承諾誘導の技術が献金をさせるためにも多用されていることを解明した。
 清平修練会が、変性意識状態を人為的に作り出すための「装置」であり、その場で参加者は霊的な存在を実感するように誘導され、その体験が統一原理に対する強固な確信を形成するように導かれること、その結果、統一協会からの離脱が困難となり、先祖のためとされる献金が強いられることになることを解明した。A4で21頁ある。


【トップページへ戻る】

















スキンケア