統一協会(統一教会)による被害の回復請求

弁護士 郷 路 征 記

1.私は昭和62年3月から現在まで一貫して、統一協会の伝道・教化活動が国民の信教の自由(自分の意思に基づいて信仰を選択する権利)を侵害していると主張して、元信者の方々を原告として損害賠償請求訴訟(私が青春を返せ訴訟と名付けました。違法伝道訴訟とも言います。)をおこなってきました。

 第1陣訴訟は平成13年6月29日に札幌地裁の判決がありました。この判決の画期的な点は、統一協会であることを隠して勧誘するやり方が、勧誘される国民の信教の自由を侵害する恐れがあるので違法な行為であると、日本の裁判で初めて認定したことです(判決・HP)。

 その後に起こされた第2陣2次訴訟で、札幌地裁は平成24年3月29日原告ら勝訴の判決を言い渡しました。この判決の画期的な点は、

@統一協会員となった人が「自由な意思決定を阻害されて受け入れた信仰の影響下」にあると認めたこと。

A宗教団体の伝道・教化活動が違法となる基準を、宗教性を秘匿し、入信後の宗教的実践活動を秘して信仰を得させること、信仰を維持させるため社会・家族との交流を断絶すること、可能な全財産を拠出しないと救済されないと教えること、と定めたこと。

B被害の実態に即した損害を認めたこと。具体的には、統一協会に対する献金、統一協会に加入させるためのセミナー代などについて、原告等の請求をほぼ全て認め、宝石や着物などの物品の被害について日本の裁判で初めてそれを原則として認め、慰藉料について統一協会の不法行為による精神的肉体的苦痛を認めて、最高額1人について771万円を認めたことです(判決・PDF)。

  平成26年3月24日言い渡された第2陣1次訴訟判決で、札幌地方裁判所は次のような認定をしました。
@ 統一協会信者らの伝道・教化活動は、不当な目的に基づき、相当性を欠いた方法によって行われ、結果的に対象者の信教の自由(信じるか否かを選択する自由)を侵害した違法な行為である。

A 統一協会の場合、主に金銭を拠出することのできる人間を対象として伝道し、その自由意思に基づかず帰依させた(入信させた)のであり、かつ、献金も、既に自由意思に基づかず統一協会の教義を教えられた者に対して、統一協会の教義、すなわち蕩減献金、祝福献金等しなければ祝福されないとの教えの下でなされたもので、自由意思に基づいてなされたものとは認めがたい。

 この事件の控訴審判決は平成27年10月16日札幌高等裁判所で言い渡されました(判決・PDF)。裁判所は統一協会の控訴を棄却して、上記2点の認定を維持しました。
 以上により統一協会への入信後行った献金、物品購入代金等は全て取り戻せることが確定したと言って良いでしょう。

2.私はこれらの裁判を遂行する中で、統一協会の伝道・教化活動について元信者の方々の話を聞き、講義ノートを読み返し、手に入った統一協会のマニュアルを何度も読み返して思考を重ね、それを私達が理解可能な言葉で説明することに心を砕いてきました。その成果が私の著した3冊の著作(1冊は単著、2冊は共著です)に結実しています(著作紹介)。

 統一協会の伝道・教化活動の違法性を追求して26年間もの長期間にわたって取り組んできた弁護士は他にはいません。私の活動は北海道新聞の「ひと」欄でも報道されました(PDF)。

3.裁判を行う前に、統一協会と交渉をしています。交渉で解決する場合、統一協会の責任を明確にすることはできません。支払うのは統一協会ではない、個人となります。又、慰藉料、弁護士費用も認めさせることはできていません。実損(セミナー代等、献金、物品代等)のみになります。統一協会の最終回答額をご本人に示して、訴訟を行うか、交渉で解決するか、判断してもらっています。

 裁判前の交渉についても、私は極めて高い回収率をあげています(PDF)。最近では、献金はもちろん100%回収しています。物品の購入についても100%回収しています。
 そのような実績をあげることができているのは、私が青春を返せ訴訟で勝訴判決を勝ちとり続けているからだと思っています。

最近の例を2例ご紹介します。

ア 山口県の方です。いろいろなホームページを見て、私のところが最も印象良く感じたそうです。この方の場合には、一度もお会いすることなく、手紙と電話のやりとりで事実経過をお聞きして交渉しました。
 被害は、@1985年7月 ビデオセンター受講料3万円、A1986年4月 退職金の献金 40万円、B1996年6月 翼献金 200万円、C2001年12月 摂理献金 51万円で合計294万円でした。
 私に相談があって、統一協会に脱会通知と294万円の請求をしたのが2013年9月2日でした。統一協会(信徒会と称してきますが・・・)の回答は、Cについてのみ受領した事実が確認できるので、その75%38万2500円を2回分割で返すというものでした。@とAについては、20年以上経っており、徐斥期間の経過も理由に支払いを拒否してきました。
 裁判の可能性も示唆して何度も強く交渉しましたところ、解決金として265万円を支払うとの示談が成立しました。実質的には、徐斥期間を経過した分についても一部支払いを認めてきたことになります。

イ 統一協会北東京教区足立教域(教会)青年部で活動していた方です。
 損害額は、@セミナー代、アパート代、清平修練会費など 236万1240円、A献金、渡韓費、祈願書など 732万3355円、Bネックレス、男女美化粧品、高麗人参茶など 232万2376円、合計1200万6971円でした。
 統一協会(信徒会)の最初の回答は389万9500円でした。2回目は877万1727円です。平成24年3月29日の札幌地裁判決の基準によれば全額認められるべきだと強く主張した結果、全額(500円のみ価格に当方の誤解があった)の支払いを認めてきました。

4.統一協会問題で難しいことは、統一協会に対して、損害賠償請求をしようなどと考えると、統一協会によって埋め込まれた霊界の恐怖や先祖の怒りに対する恐れなどによって、そのように行動することができないという心理状態になる方がいることです。そのような場合は、その恐怖を取り除くことが大切です。大変優れたカウンセラーを紹介します。信頼できる人です。そのような恐れをカウンセリングによって克服した後、損害賠償請求を行うことによって心も平静な状態で、金銭的な解決もできるという道筋が切り開かれます。

5.統一協会に対する被害請求については、着手金を頂いておりません。相談はもちろん無料です。交渉に関する費用は立て替えておいて、統一協会からの入金があったら、その中から支払って頂くことにしています。従って、交渉による解決の場合、依頼から問題の解決まで自分が支払わなければならないお金はありません。訴訟による解決の場合、印紙代などの実費が必要になります。

 このような対応をしているのは精神的、金銭的に大きな被害にあわれた方が被害回復を希望される場合、容易にその道を進むことができるようにするためです。

6.私の事務所には専門の担当者がいます。被害を受けた方の心情を理解しつつ対応しております。安心してご相談下さい。
 相談は全国、どこにお住まいの方からもお受けすることができます。


ご予約はこちらまで
 →電話:011-859-3880 郷路(ごうろ)法律事務所


                   〒062-0020 札幌市豊平区月寒中央通7丁目2番1号



【トップページへ戻る】 【法律相談のページへ戻る】
















ルミガン アプリケーター