1 重傷の方はもちろん、むち打ち症(頸椎捻挫)の方にも誠実に対応します。

 加害者側(損保会社)との対比で圧倒的に無力な被害者の力になりたいと考えています。法律を知らないために、不当な賠償額で「納得」させられる人がいないようにしたいと願っています。
 特に、むち打ち症(頸椎捻挫)に関しては、詐病(さびょう)を疑われたり、治療費の支払いが打ち切られたりと、被害者なのに様々な苦しみをなめさせられる方が多いと思います。私は医師でないので、治療については何もできません。しかし私は「取扱例」でご説明したとおり、むち打ち症(頸椎捻挫)の後遺障害認定について、経験を通じた自信がありますので、お力になれると思います。
 後遺障害が認定された場合とされなかった場合では賠償金額に大きな差が生まれます。

次の項目に進む 


【トップページへ戻る】 【法律相談のページへ戻る】 【交通事故相談のページへ戻る】